飲み合わせ

マカを過剰摂取すると危険?

マカというのは医薬品ではありません。
健康食品として販売されていますので、特に摂取しすぎが健康を害するということは言われていません。
マカというのはあくまでも自然のマカの木から採取されたものなのです。

しかし、マカというのは男性の精力剤としても有名なので、それだけ含まれている成分がすごいためあまり摂りすぎてしまうのは、体調不良を起こしてしまう事もあります。
マカの一日の適量摂取量というのは1500mg~3000mgといわれています。
これ以上の量を過剰摂取してもあまりこれ以上の効果は認められないようです。

要するに、量をたくさん飲めばそれだけ効果があるということではないということですね。
原産国であるペルーでは毎日当たり前のようにマカを摂取されているので、摂取量の上限というのは特にないといわれてはいますが、ペルーの人々は幼いころから毎日当たり前のように摂取しているので、身体がマカに慣れているということもあるのです。

初めて飲み始める日本人にとっては効果が絶大になってしまう事もありますし、もしかしたら思ったよりも効き目が感じられないという方もいらっしゃるでしょう。

マカの効果を最大に生かしたいと考える様であれば、適量を毎日飲むということが必要でしょう。
あくまでも自然食品なので、効果の程は人によって様々だということが言えるのです。
この適量を自分自身で知るために最初のうちは1550mg位の摂取から始めて、最終的には3000mg位で抑えるという飲み方が、効果が出やすいのではないかと思います。

マカというのはホルモンバランスを良くするために摂取するものですが、過剰摂取をするとこのホルモンバランスを良くするつもりが体調を崩してしまっては元も子もありません。
もし対象に不安がある場合や、毎日薬を飲んでいる方などがマカを服用したいと思う場合には、お医者さんに摂取可能かどうかを聞いてから摂取するのがいいでしょう。

このページの先頭へ